TEL. 044-712-4105

〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生1丁目6番1号

事務所方針CONCEPT

事務所方針

兼愛国際特許事務所は、あなたの事業を「墨守」します。


所長メッセージ


 弊所の名称に用いた「兼愛」とは、中国春秋戦国時代の思想家「墨子」の教義の一つであり、一切の差別が無い博愛主義を指します。
 墨子は「兼愛」とともに「非攻」も説きました。「非攻」とは侵略戦争の否定です。
 ここまでは理想論であり、大国による侵略戦争は墨子の説得にも拘らずなくなりませんでした。
 一方で、墨子は「防衛」を否定しませんでした。
 実際に、宋を攻撃しようとする楚に対して、机上戦において九回にわたって守り通し(注1)、現実にも防衛しました。このことから、かたくなに守るという意味の「墨守」という言葉が生まれました。

 翻って現代社会を見てみますと、ビジネスの世界は弱肉強食の感をなしています。
 苦労して編み出し、築上げた事業も模倣によって利益が激減してしまいます。

 そのような背景において、弊所は「兼愛」を旨としつつも、貴社の事業を知的財産権によって「墨守」したいと考えています。

兼愛国際特許事務所
代表 弁理士 村上 博

(注1)『墨子』巻之十三 公輸第五十 第三節(山田 琢著『墨子(下)』、明治書院)

プライバシーポリシー

1.関係法令等の遵守
当事務所は、個人情報の取扱いにつき、「個人情報の保護に関する法律」その他関係法令を遵守いたします。
2.個人情報の利用目的
当事務所は、取得した個人情報を、下記の目的達成に必要な範囲内で利用し、その他の目的には利用いたしませ
ん。
・当事務所が受任した業務の遂行およびこれに関するご連絡
・当事務所からの知的財産関連情報等のお知らせ
・当事務所のご挨拶状、年賀状等の送付
・弁理士および職員の採用活動
・その他当事務所の業務の適切かつ円滑な遂行
3.個人情報の管理および第三者提供
当事務所は、取得した個人情報の漏えい、滅失または毀損等を防止するため、必要かつ適切な措置を実施し、個
人情報を適切に管理いたします。ご本人の事前の同意を得た場合および法令等に基づく場合を除き、業務委託先以
外の第三者に提供いたしません。
4.個人情報の開示、訂正、利用停止等のお求め
当事務所は、保有する個人情報について、個人情報保護法に基づく開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、
第三者提供の停止または利用目的の通知にかかるご本人からのご請求があった場合には、ご請求頂いた方がご本人
であることを確認のうえ、個人情報保護法に従い、適切に対応いたします。詳しくは、以下のお問い合わせ先まで
ご連絡ください。
5.プライバシーポリシーの変更
当事務所は、必要に応じて、プライバシーポリシーを変更することがあります。プライバシーポリシーを変更し
た場合には、当ウェブサイトに掲載いたします。


バナースペース

兼愛国際特許事務所

〒215-0021
神奈川県川崎市麻生区
上麻生1丁目6番1号
かわしん新百合丘ビル3階

TEL 044-712-4105
FAX 044-712-4108